記事の詳細

腎臓が慢性的に機能不全に陥ることを
慢性腎臓病(CKD :Chronic Kidney Disease)といい、
今や成人国民の8人に1人がこの状態になっていると考えられています。
たた、腎臓が悪いといっても初期の状態で我々が自覚できる徴候はありません。
慢性腎不全の定義から考えれば、蛋白尿出現と糸球体濾過量(GFR)の低下がポイントになるわけですが、
これらの異変は、やはり検診などの検査結果から気づかされることがほとんどです。

関連記事

診療予定

ページ上部へ戻る