記事の詳細

当院では,西洋医学と平行して漢方薬による治療も行っております。

もちろん、通常の治療(西洋医学)でそれなりの成果が得られれば、
あえて漢方を使う必要はありません。

ただ、患者さんの訴えが、西洋医学的診断で正常と判断されてしまい、
そこから先は、「なす術なし」というのであれば、あまりに悲しすぎます。

どうにかして患者さんの辛さに寄り添うのが正しい医療であるなら、その選択肢として
漢方薬を用いるのは、ごくごく自然な流れであると考えます。

一般的に病気の名前から治療法を導き出すのが、普通に行われる西洋医学なら、
ある症状を直すにはどの薬を使うのが一番確率が高くなるのか、
ということを経験的、統計的に積み重ね築き上げたものが漢方治療であるといえます。

つまり、「高血圧」、「喘息」なら、西洋医学でダイレクトに治療するのが手っとり早くて、
「疲れやすい」、「何となく火照る」などという症状には漢方薬を試す価値が出てくるのです。

診療予定

ページ上部へ戻る